国道 Route.


国道52号 甲西道路

南アルプス市−鰍沢町

(R52 そのA)

 
 国道52号甲西道路は、中部横断自動車道にほぼ沿って南アルプス市と鰍沢町R52現道交点までを結ぶ18.2kmのバイパス道路です。2007年に開通した道路でありまして、富士川街道のR52現道よりも快走できます。

  

甲斐市

[R20双田道交差点]



甲斐市のR20双田道交差点からR52甲西道路が分岐します。
2007年にR52甲西道路が全線開通したことに伴い、これまでのR52現道(富士川街道)が県道降格等になるかどうかが気になるところですが、政令上はR52の「主な経由地」に「韮沢市」と記載されている以上、韮沢市を経由しない甲西道路がそのままR52の本線になるとはちょっと考えづらいです。当面は「富士川街道=R52現道」「甲西道路=R52BP」という位置づけのままと思われます。

[双田橋手前]
この先の双田橋で釜無川を渡ります。

  

南アルプス市

[双田橋南側]
双田橋を渡り、南アルプス市に入ります。
すぐのところの交差点で県道118号南アルプス甲斐線が分岐します。

正面に見える盛り土と高架橋は中部横断自動車道でありまして、ここから先はR52甲西道路が高速道路の側道のような感じで走っていきます。

[中部横断道下]
中部横断自動車道の下を走っています。
新しい道路なので、主要な路線以外には交差点無し。

R52現道の富士川街道は、古くからの街道沿いであるために小さな交差点だらけでしたが、こちら側は快走できます。

[南アルプス市 野牛島]
南アルプス市野牛島で県道20号甲斐芦安線と交差します。
案内標識には「右折:国道52号」とありますが、ここを右折するとR52富士川街道に出ます。もっとも、この甲西道路もバイパスとは言え国道52号なんですけれど(笑)

[82kmキロポスト]
キロポストは、静岡市清水区までの距離で設置されています。

[南アルプス市在家塚付近]
南アルプス市在家塚付近。
ここで一旦高架橋の下をくぐり、中部横断自動車道の西側に出ます。
この先に中部横断自動車道の白根ICがある関係で、下道の甲西道路は迂回させられます。

[r30交点手前]
この先でまた中部横断道の下をくぐりまして、県道30号今諏訪北村線と交差します。中部横断道の白根ICはここを左折したところ。

[南アルプス市在家塚]
案内標識には、静岡まで100kmと記載されています。
もっとも、距離標識に出てくる「静岡」とは、JR静岡駅付近のことを言っているようで、清水区のR1交点の20km増しくらいの数字で計算されているようです。

清水区R1交点までの距離を知りたい場合は、キロポストを見れば正確です。

[79kmキロポスト]
79kmキロポスト。
キロポストの方は、「清水まで79km」とありまして、清水区R1交点までの距離を示しています。

[十五所交差点]
十五所交差点の手前。
県道5号甲府南アルプス線と交差します。

この先でまた中部横断道の下をくぐり、右側へと出ます。
今度は南アルプスICがある関係で迂回させられるようで…。

[南アルプス本線料金所の下]
この先の交差点で県道29号甲府玉穂中道線・県道12号韮崎櫛形豊富線と交差します。交差点を通過したところで中部横断道の下をもう一度くぐりますが、高架橋の上には南アルプス本線料金所が見えます。

[南アルプス市十日市場東前田]
県道12号韮崎櫛形豊富線と交差します。
先ほどの交差点でも県道12号が登場していましたが、こちら側はr12現道のようです。

[76kmキロポスト]

[甲西中学校東交差点]
甲西中学校東交差点で県道105号一軒茶屋荊沢線と交差します。
ここも左折して少し走ると国道52号現道です。

くどいですが、ここも国道52号なんですけどね(笑)

[74kmキロポスト]
高速道路の橋脚も、将来の四車線化に備えて右側に拡幅余地が取られています。もっとも、左側だけに橋桁が見えて、右側に何も載っかっていないというのはちょっと不安定な感じがあります(笑)

[坪川大橋手前]
中部横断自動車道の下をくぐり、坪川大橋にさしかかります。画像の右側に見えるアーチ状の橋が坪川大橋です。

  

増穂町

[南アルプス市・増穂町境界]
増穂町に入ります。
なお、2010/3の合併により、現在は「富士川町」となりました。

静岡県の富士川町とどうも紛らわしくて…。

[増穂IC]
中部横断自動車道の増穂IC。
調査日現在では、増穂町から先が未開通のため、中部横断自動車道を走ってきた車両はここで合流してきます。

[静岡 91km]
比較的広々した雰囲気ですが、この辺が甲府盆地の南端部にあたりまして、もう少し走ると富士川の渓谷地帯に入ります。

  

鰍沢町

[増穂町・鰍沢町境界]
鰍沢町に入ります。
2010/3の合併により、こちらも現在は「富士川町」となっています。

多分、この「鰍沢町」の案内標識もなくなったのでは…と思いますが。

[鰍沢町梅林町]
富士川を俯瞰するアングル。
これから渓谷地帯に入るわけでありまして、富士川の上流部に向かっているように見えてしまいますが、実は富士川の下流部へと向かっています。

[r9交点]
県道4号市川三郷鰍沢線と交差します。

[BP・現道合流地点]
その後、よくわからないうちに左側から合流してくる道路がありますが、この合流してくる道路が国道52号現道の富士川街道です。先ほどのr4交点で代替できるとは言え、案内標識も信号機も無いというちょっと酷い扱いの交差点でした。

ここから先は現道・BPが合流し、「富士川街道」一本となって静岡市清水区へと向かいます。
調査日:2009/4
 戻る 
inserted by FC2 system