国道 Route.

 
国道56号

高知市−松山市

(その1e 高知県内:黒潮町東部)


 幡多郡黒潮町の区間ですが、結構長いので平成の大合併前の自治体区分に基づき東部と西部に分けます。今回の「黒潮町東部」は平成の大合併まで「幡多郡佐賀町」だった地域です。

 

黒潮町・市野瀬〜佐賀

[四万十町・黒潮町境界]


幡多郡黒潮町の地域に入ります。2006年3月に幡多郡佐賀町と大方町が合併して出来ました。日本で一番有名な海流名をそのまま自治体名にしてしまうとはすごいです(笑)

[片坂第一トンネル→片坂第二トンネル]
しばらくは「片坂」と呼ばれる急坂が続きます。中土佐町と四万十町の境界にあった久礼坂も急峻な感じでしたが、四万十町と黒潮町の境界にある片坂も結構な難所です。まぁ、「○○坂」と名前が付いている時点で、難所として一つのステータスになっているかもしれませんが…。

左は片坂第一トンネルから片坂トンネル第二と続くところ。

[片坂第三トンネル]
片坂第三トンネルにさしかかります。
このトンネルを抜けると、片坂大カーブと呼ばれるヘアピンカーブが待っています。

バス停としてもわざわざ「片坂大カーブ」という停留所があるくらいで(笑)

[緊急退避所]
ブレーキ故障車のための緊急退避所もあったりします。

[お遍路さん]
右側をお遍路さんが歩いています。

[宇和島 25km]
ひとまず急坂地帯を脱したところ。
宇和島市まで125km。

[こぶしのさと]
土佐佐賀温泉「こぶしのさと」を通過します。

[黒潮町荷稲]
この先、右側の橋梁のところで県道329号秋丸佐賀線が分岐します。

[電光掲示板]
右上に電光掲示板がありますが、「休止中」と出ていました。正面にカーブがあるので、対向車接近時は注意喚起のために「対向車注意」などと表示される物と思われます。

[黒潮町不破原]
見通しが良いので、この辺だけ追越禁止が解除されます。

[黒潮町不破原]
県道367号住次郎佐賀線が分岐します。

[黒潮町伊与喜]
伊与喜駅の入口。ハーフICみたいな構造になっていました。

なお、先ほどの四万十町の窪川駅からはJR土讃線から土佐くろしお鉄道の区間となっているので、伊与喜び駅はJRではなく第三セクターの駅となります。


[黒潮町藤縄]
右側を伊与木川が流れています。

[黒潮町佐賀付近]

 

黒潮町・佐賀〜白浜

[黒潮町佐賀]
黒潮町佐賀の分岐。分岐するのはR56の旧道ですが、左折すると土佐くろしお鉄道土佐佐賀駅や旧佐賀町役場に出ます。

[土佐佐賀駅]
左に見えるのは、土佐くろしお鉄道土佐佐賀駅のホームです。

[横浜トンネル]
横浜トンネル。
1997年竣工のトンネルでして、旧佐賀町役場付近を走っていた旧道をバイパスしています。

[横浜トンネル先]
横浜トンネルを通過したところで、左から県道25号中土佐佐賀線が合流してきます。横浜トンネルが開通するまでのR56旧道にあたります。

[鹿島ヶ浦]
鹿島ヶ浦に出ます。
特徴的な海岸線の向こうに「鹿島」という島が見通せます。

[鹿島ヶ浦]
鹿島ヶ浦の様子。
海岸線はなかなか険しそうです。

[佐賀公園駅前]
佐賀公園駅前を通過します。
この左側に「土佐西南大規模公園」の「佐賀地区」が位置しています。ちょっと不思議な名前の公園に思えますが、一応高知県の管理する都市公園なのだとか。

[黒潮町白浜]

[白浜海岸]
白浜海岸を通過します。
この先を少し進むと、旧佐賀町と旧大方町の境界に出ます。
調査日:2010/9
 前へ(その1dへ)  次へ(その1fへ)
 戻る 
[KAWASAKI-VNZ257]
inserted by FC2 system