国道 Route.

 
国道56号

高知市−松山市

(その1g 高知県内:四万十市)


 かなり広い四万十市ですが、国道56号が走って行くのはこのうち南側の地域のみです。途中、バイパス道路であるR56中村宿毛道路が併走していきます。

 

四万十市・古津賀〜具同

[逢坂トンネル先]


逢坂トンネルを抜けて四万十市に入ります。
2005年4月に中村市と幡多郡西土佐村が合併して出来た市ですが、国道56号が走って行くのはうち旧中村市の地域のみです。先ほど通過した「高岡郡四万十町」とは別の自治体であるためにややしいのですが…。

[四万十市古津賀]

[r339交点手前]
平野部まで走ると、片側二車線の道路に変わります。
この先で県道339号出口古津賀線が分岐します。

[下田分岐交差点]
下田分岐交差点付近。
県道20号下田港線が分岐します。

[中村大橋]
中村大橋を渡ります。
2004年に四車線化されました。

[四万十市駅前町]


中村大橋を渡ったところで、国道439号が分岐します。
右折したところが土佐くろしお鉄道中村駅や四万十市役所となります。

[四万十市右山元町]
この先で国道56号中村宿毛道路が分岐します。
「高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路」といういわゆるA'路線というヤツでして、通行は無料となっています。実際の車両の多くはここでR56中村宿毛道路に入るものと思いますが…。

[四万十市不破]
四万十市不破付近で県道342号山路中村線と立体交差します。
ICのようでICでない変な立体交差でしたが…。

[渡川大橋]
四万十川に架かる渡川大橋を渡ります。

[足摺分岐交差点]


足摺分岐交差点で国道321号が分岐します。海岸沿いを走って四国最南端の足摺岬に向かう国道321号に対して、国道56号はこの先内陸を走って宿毛市へと抜けていきます。

 

四万十市・具同〜有岡

[車線減少]
国道321号との交差点を通過すると、車線が減少します。

[四万十市具同]
県道346号中村下ノ加江線(土佐清水市下ノ加江方面)が分岐します。
頭上の案内標識には「中村宿毛道路左折」と出ていますが、左折してすぐのところにR56中村宿毛道路のICがあるというわけではなく、側道に出てしばらく行くとICがある…という感じになっています。

[高橋分岐交差点]
高橋分岐交差点。
県道346号中村下ノ加江線(中村市街方面)が分岐します。
現在のR56ルート(中村大橋)が開通するまでの旧R56に相当する道路です。

それにしても、高知県では何かと「○○分岐」という交差点が多いような気がしますが。

[四万十市具同]

[土佐くろしお鉄道宿毛線]
頭上を土佐くろしお鉄道宿毛線が走って行きます。
この先の宿毛市まではR56と同じルートを走っていきます。

[r344分岐]
県道344号宗呂中村線の分岐。
左折すると、R56中村宿毛道路の間ICに出ます。

[宿毛市国見]
○○○

[四万十市荒川]
この辺り、対向車線は片側二車線となっています。
単なる「ゆずり車線」や「登坂車線」とは違うようでしたが…。

[四万十市荒川]

[四万十市磯ノ川]
のんびりした景色ですが、特に何も無い区間が続きます。

[四万十市有岡]
四万十市有岡で県道50号有岡川登線が分岐します。
この先が宿毛市との境界となります。
調査日:2010/9
 前へ(その1fへ)  次へ(その1hへ)
 戻る 
[KAWASAKI-DNZ316]
inserted by FC2 system